和田喜夫

1951年山口県下関生まれ。早稲田大学在学中より演出を始める。
1982年から11年間、劇作家・岸田理生との共同作業を続け、92年オーストラリアのアデレード国際演劇祭で『糸地獄』を上演。
2001年よりオーストラリアやカナダの先住民の劇作家との共同作業を始める。
また「在日」の演劇人との共同作業も多い。
『居留地姉妹』『ウィンドミル・ベイビー』など。
演劇企画集団 楽天団代表。
日本演出者協会理事。